自動車狂

それは持ちません長い、それは何度か背中を数年おきに載せるために車を通常の家の下取りに出すさえ私が車を持ちに来たあと購入の経験でそこ以外でそうあります。そして、自動車購入がそうである仕事が金持ちの人を有名人と呼んだので、「考えない自動車購入は、人の命の間でおよそ数回しているものです」。ほんのそのような高額所得者の人々がそれを買って、それを買って、再びそれを買うときそれを買うとき、十分です、そして、テレビ才能の熱心な人が時々持っている車であるように言う人は、それを買います;どうですかという感覚またはアニメーション制作をすることが1ロットにつき趣味クラシックカーを買いすぎる人です、そして、それを場所で悩んで、そして、聞きましたそれを言いますお金を始める誰かをます、そして、博物館、しかし、そのような人に関しては、購入がまったくものについて考えない車を製造しそうです;羨ましったらありゃしない。"私は人とそれをやりとりしに来ました、そしてその人は、車は「私が個人の間で中古車を買って、見て、個人的に知っていなければならなくて、あなたがとても互いに自動車狂で話すのが簡単であるとわかった競売」でした。我々の面識で車を売りたかった人がいたので、主要な自動車購入供給元で働いたセールスマンを知っているようだったので、私は人にそれが言われて、そこにあったと自己紹介させることが接続でないと決めたか、それを聞きました。結局、導入があるということでなくて、このようにもので、そして、そこで言う際に、それは決して異ならない場合があります。私が単独で評価された価値について考えたより、通信は非常によくもあって、伴われもしました。会社の車で売られたかったいくつかの車があったことは大きいかもしれません、しかし、私が利用できたので、それは言われて、価格をわずかに予想外にうれしく思っていました。自動車購入がそれをすることができることになっているならば、個人はよい場合があります。"自動車購入の場合、私が色が評価金額にあなたを持っているように影響を与えるかどうかにかかわらず車の色が利用できると考える人のもので購入評価に影響するかどうかにかかわらず、心配する車は、「巡ってこられない車?」を買います結論から審査します、それがプラスの点を示されるために、言うかもしれなくて購入評価、不利。それのためにプラスの点になるように、通常、言うかもしれませんその均一な人気があるかなりの色であるだけの白と黒のような車の種類。それどころか、不人気カラーと車のイメージにマッチしないために色の場合、それは否定でしばしば点になります。したがって、私が欲しい色を選ぶことは最初です、しかし、私があなたに将来車を買わせることについて考えて、私がそれをするか、どちらが色づくかについてためらうとき車を購入するとき白と黒人を殺すことが1つの方法であると言われるかもしれません。"「どちらが自動車購入ビジネスをしたかは、昔よかったです。それは、よかったことが利益をもたらしたことを意味します。私は自動車購入ビジネスをするが、これらの過去数年の間よくすぐにうまくやっていきません。車は一時的に大きかったです、そして、中古車市場が大きな地震災害の後活発になったので、しかし、数は運動をしました。しかし、それは、基本的に厳しい事実です。やはらいが痛いことは、市場を静めることに加えて大きな前進です。あなた方が自動車購入を言うとき、まだ有名な会社のいくらかの名前は、出ませんか?言い換えると、すべての車はそのような会社に漂います、そして、詳細に私のような個人でそれをしている会社において、管理は決して厳しくなりません。もちろん、手は打ちます。それは大手企業のためにホームページをするかもしれません;それを飲みました、そして、優れたサイトはそうしました。しかし、訪問客は簡単に来ません。"それはわずかにマイナーな映画でした、しかし、そこの私が自動車購入の評価について「自動車購入の評価について」面白い映画の前にユーモラスにトラブルを記述した映画であったアメリカの映画によって、それはそのように面白いものを覚えています。主要な役割は大部分の脇役も見ないで、それ以来、それを知らなかった俳優だけでそのような面で生き生きとしていた感覚の映画でした。

http://musicalgakuin.com/